箕面インプラントセンター(強み・特徴など)

術前シミュレーションソフトによるインプラント治療

当院では、シミュレーションソフト「Simplant(シンプラント)」を導入することで、インプラント治療をより短時間に行っております。
シンプラントは、インプラント治療のシミュレーションソフトとして世界でも使用されている、プログラムです。

  • インプラントの最適な径・深度を術前に、正確に決められます
  • インプラントを埋入する位置・角度を術前に、正確に決められます
  • 術前のシミュレーションをくり返すことで、実際の手術時間を短縮しながら成功率と安全性を高め、患者さまの負担を軽減します

インプラント手術を正確に行うには、CT撮影による事前の精密な検査が必要不可欠です。
さらに当院では、そのデータを用いて患者さまの顎の骨の密度、硬さ、神経の位置などを解析してインプラントを埋め込む位置や深さを3次元シミュレーションできるソフトを活用しています。

サージカルステントを使用して行う手術による、
インプラントのアンチエイジング

インプラント治療が成功するには、埋入したインプラントの素材であるチタンと顎の骨が強く結び付くことが必須条件です。
しかしチタンは、時間経過とともにわずかずつ劣化(エイジング)して骨と結合する力が低くなってしまいます。
一番よいのは製造直後のインプラントを使用することですが、現実的には患者さまに最適の長さや径のものを揃えつつ、患者さまのコスト負担抑制も考えれば、「製造直後のもの」を常に取り寄せるのは困難です。
そこでチタンを最高の状態に回復させるため開発されたのが、「光機能化」技術です。
光機能化は、あらゆるインプラントに効果があるため、複数の埋入が必要な場合でも性能にバラツキが生じません。
常に最高の治療効果を持つインプラントを、患者さまに少しでもリーズナブルに提供する。それがサージカルステントを使用して行う手術なのです。

ドリリングの正確さがインプラントのリスクを最小化します

インプラントでは、顎の骨にチタンを埋め込む外科手術が必要です。そこには、正確な角度で器具をあて、また精密な深度までぶれずにドリルを進める必要があります。これを実現するのが、サージカルガイドです。
サージカルガイドは、CTなどによる分析データをもとに精密な骨モデルを作製した上で、そこに完全にフィットする形でつくられるものです。
このガイドを使えば、インプラントの長さ・太さ・深さがぴったり合うドリリングが可能となるため、インプラントを正確に埋入できるわけです。
もちろん、ガイドさえあればどのようなドリリングでもよいわけではありません。新しいドリルでなければ強い摩擦を生じ、そのまま患者さまの痛みとなってあらわれます。さらに無理をすれば、骨が割れてしまうこともあります。
また顎の骨は平坦ではありませんから、「どこに合わせるか」も非常に重要なため実践経験によってノウハウを得るしかなく、CTだけではわからないことも多々あります。
事故を防ぐために必要なのは、精密な準備と長年の勘、そして技術力。それらが患者さまの顎の骨にあわせ、インプラントをしっかり「決める」のです。
結果、ドリルの失敗リスクが最小限に抑えられます。

美しい上部構造

インプラント手術を行うのは歯科医師ですが、いわゆる歯の部分を作製するのは歯科技工士です。歯科技工士も歯科医師同様、知識、技術、センス、共に優れていないといけません。 当院では、保険適用の技工物を作製している歯科技工士には自費の技工物の作製は依頼しておりません。常に勉強、研究を行っている自費専門の歯科技工士に依頼しております。常にコミュニケーションを取って、個々の患者さんに最適最良の技工物を作製してもらってます。

阪急箕面線「箕面」駅から徒歩5分。お気軽にご相談・ご予約下さい!
  • 診療時間【平日】9:30~13:00、15:00~20:00(土曜午後は18:00まで)【休診日】木曜、日曜、祝日 TEL:072-725-8887
  • 24h受付 メールはこちら