症例BLOG

2019.10.04更新

この患者様は、右上の奥歯の歯茎から出血してくるとのことで来院されました。歯周組織検査とレントゲンで診断を行った結果、重度の歯槽膿漏が認められ、保存不可能の為、抜歯になると伝えたところ、入れ歯は絶対に嫌だと言われたので、インプラント治療となりました。CT撮影を行ったところ、上顎洞底までの距離が3ミリ程度しかなかったのですが、骨が固く、フィクスチャーの一次固定が良好だったので、開窓法による上顎洞底挙上術とフィクスチャーの埋入を同時に行いました。約10カ月後に二次手術を行い、上部構造をセットしました。また、右下の臼歯部のブリッジにも大きな二次カリエスが認められ、7番の遠心根が抜歯になり、6番、7番にインプラント治療をしました。


■術前パノラマ
術前パノラマ


症例写真

症例写真

症例写真
症例写真

症例写真

症例写真

症例写真

口腔内

症例写真

症例写真

模型

かぶせ物

かぶせ物

症例写真

症例写真

口腔内

口腔内

口腔内

レントゲン

レントゲン

口腔内

口腔内

症例写真


レントゲン

投稿者: 大阪ITRデンタルクリニック


SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY

阪急箕面線「箕面」駅から徒歩5分。お気軽にご相談・ご予約下さい!
  • 診療時間【平日】9:30~13:00、15:00~20:00(土曜午後は18:00まで)【休診日】木曜、日曜、祝日 TEL:072-725-8887
  • 24h受付 メールはこちら